妊娠腰痛解消法.com » お薦め情報

お薦め情報

その他・お薦め情報


産後のストレッチ

テレビや雑誌で見かける女優さんやモデルで産後間もないのに子供を産む前と変わらずにステキなスタイルを維持している女性を見て、羨ましく思う人も多いと思います。産後、母親になってもスタイルはなるべくなら維持したいと思うのが大抵の女性の願いです。

しかし、どうしたらよいのか分からないまま、気付いたら産後もお腹のお肉はそのままなんて事も聞く話です。妊婦になると女性は5キロから10キロ程度体重が増加します。出産後もその時についた脂肪が残ってしまうと産後太りになってしまいます。しかし、産後はダイエットのチャンスなのです。妊娠中についた脂肪は水分を多く含んだ痩せやすい脂肪です。放っておくとその脂肪が硬くなってしまい落ちにくい脂肪へ変わってしまいます。

女性ホルモンの影響で骨盤の靭帯が緩みやすくなるのですが産後しばらくは、この靭帯が緩みやすいくなっている状態が続いています。この時に正常な位置に靭帯を戻せば体もリセットされるのです。骨盤の歪みを矯正して元に戻すダイエットが行いやすい時期ともいえるのです。出産後は6カ月くらいの間、体が自然に元に戻ろうとする力が強く働く時期なのでこれを利用して正しい位置に骨盤を戻しましょう。

しかし出産後すぐの体の状態では運動などは行えません。産後すぐはベッドに寝たまま足首を上下や左右に軽く動かしたり回すなどの体操をしておくとよいでしょう。首や肩なども軽く回したり腰や腕を伸ばしたりと本当に軽いストレッチです。出産時には全身の力を使い、体力も非常に使うので、体には疲労が蓄積しています。

出産後すぐには筋肉痛になる女性もいるほどです。 これらを解消したり、血流などを良くする効果があるので無理をせずにストレッチを行っておきましょう。産後すぐの女性の体は自律神経の働きが十分に回復しません。体の内部もまだ元通りにはなっていません。出産後に一ヶ月検診を受けて問題がないようだったら体操を始めてみるといいでしょう。

産後のストレッチは無理をせずに徐々に体を慣らしていくのがコツです。壁から腕の長さか腕の長さ+10センチくらいの所に離れて立ちます。そのまま壁に手を付いて軽く腕立てを伏せを行います。たったままですから簡単にできます。これを10回ほどくりかえします。うつ伏せに寝たまま、腰の後ろで手を組みます。

上体と脚を同時に上げて、体を反らします。もとのうつぶせの姿勢にもどります。このような軽いストレッチを時間がある時に行ってみましょう。産後は慣れない事も多く疲れやすいです。軽いストレッチは気分転換にもなるので行ってみましょう。

産後は赤ちゃんの世話や家事でなかなか自分の自由な時間が持てなくなります。時間がないので運動不足になりがちです。少しの時間でも出来る産後のストレッチは産後太りの解消にもなります。 産後もスタイルを保って綺麗なママでいたいですね。