妊娠腰痛解消法.com » むち打ちの治療

むち打ちの治療

接骨院、あるいは整骨院とは、日本独自、また古来からある治療法、代表的代替療法を用いるところです。柔道整復術と聞くと耳慣れない方も多いかもしれません。この接骨での治療法は、格闘としての柔道ではなく、活法という部分から派生した民間医療です。

また柔道整復師は国家資格を取得しなければその名を使用することができません。骨折や捻挫などの疾患を、低侵襲性において治し、自然治癒力を高める方法として、多くの方に親しまれています。

接骨にかかるケースとして多いのが、むち打ちです。交通事故によるものか、と感じる方は多いと思います。むち打ちは車のエアバッグによってあり得ないものになっているのではないか、、これは大きな間違いです。

エアバッグに突っ込む以前に首が大きくしなっている場合もあれば、エアバッグほどの事故でなくても多くの方が追突されて発症するとてもやっかいな病気です。

シートベルトも反り返りを防ぐことができても、頚部の前屈姿勢を防止することはなかなかできません。このようにエアバッグはぶつかった時の衝撃を防ぐものです。フロントガラスが割れたら大変なことですし、胸や内臓の打撲も危険です。

そして首については事故ではなかなか守れない部位であり、常に固定させておくしか方法は無いと言えます。法定速度が60キロの状態で普通自動車で追突したとします。この場合、15メートル程度上から落下したのと同じ衝撃が起こります。

むち打ちが起こった場合、その直後からしばらくは症状が無い場合が多くあります。またむち打ちの治療は一筋縄では成立せず、まず衝撃によってどのような不具合が起こっているのかを詳細に検査することが大切です。

このようなことから事故処理と平行してできるだけ早期に治療、検査を受けることが大切です。事故処理によって賠償が成立する、このことだけに拘ってしまう例はとても多いと言われています。正に太いコルセットをぐるぐる巻きにして仕事をされている方を見かけると、このことは真に迫ってきます。