妊娠腰痛解消法.com » 中古住宅を利用する

中古住宅を利用する

新築物件を購入するのに比べ、中古住宅をリノベーションすることにはより多くのメリットがあります。まず立地条件ですが、現在の中古物件、住宅は駅からの便もよく、環境や見晴らしもよいものが豊富にあります。

これに対して新築の場合は新しく埋め立てられた場所や新興住宅街など、見晴らしはまあまあでもなかなか落ち着かなかったり、交通が入り組んでいるだけでどことなく不安な面が多いものです。

もちろん費用の面でもメリットが高く、構造や管理の体制に関わらず、いい物件でも築年数が古いほど安く手に入るというのが実情で、運よくリノベーション済みで自分にとっては最適な物件が半額以下で購入できたというケースも少なくありません。

新築と中古の価格差は築年数が大きく左右します。新築はまさに新しいだけ、ということが可能ですが、リノベーションはより価値の高い、落ち着いた環境を手に入れることができます。

中古住宅では逆に気をつけなければならないことももちろんあります。例えば20年以上経過すると、特に壁の内部はカビだらけだったり、床は腐りかけ、柱もやっと支えている状態、というようなものが少なくありません。

このようなことを考えると、プロのデザイナー、建築士のアドバイスがとても重要だとわかります。自分勝手に素人目で判断をして弱りきった物件を購入すると、大幅な改築、強いて言えば新築並みの工事が必要になってしまう可能性を充分に理解する必要があります。

好みの物件があったらできればまずデザイナーと共に内見をさせてもらい、色々な面をチェックしてもらうことが必須です。

リノベーションは物件がよければよいほど、自由度が上がり、コストも下げて余裕を持つことができます。まず、いい物件の決定が最優先です。

デザインや間取りがぴったり、という事実だけに左右されず、かならず、物件の価値を上げるために存在するプロフェッショナルの目をそばに置くことが大切です。