妊娠腰痛解消法.com » 爪でチェックする

爪でチェックする

昔から爪は健康状態を見るためのバロメーターとして役立ってきました。最近はネイルで元の状態が見えないという方もいらっしゃるかと思いますが、たまには何もつけてない状態にも興味を向けてみてはいかがでしょうか。

健康状態を調べる際よく言われるのが指先の三日月を見るというもの。この部位は爪半月と呼ばれており、よく大きく半月が出ている人は健康で、半月が小さかったりまったく無い人は不健康だといわれていますがそれは間違った知識で、中には半月がまったく出なくても健康な人も大勢います。

問題とされているのは半月が増えたり減ったりしている場合に何か身体に変化が出ていると考えられます。そういった症状が表れている方は体調管理を怠らないようにしましょう。

このような健康チェックの際特に気をつけるべきところは爪の色や形です。この部分そのものの病気もあればほかの病気が原因となって変化が発生することがあるので、大きく変化が現れたときはすぐに病院に行って検査してもらったほうが良いでしょう。

例えば色が真っ白になって凹んでスプーン状に変化すると貧血状態になっていることが分かりますし、白い斑点ができた場合は肝硬変や糖尿病の恐れがあります。

この他にも何かしらの病気になった時に様々な変化が起きることが非常に多いです。中には放っておくと命に係わるような病気になっているかどうかも分かることがあるので、チェックは怠らないようにしておきましょう。

こうした健康チェックは当然マニキュアやネイルアートをしている人は見ることが出来ません。

それだけではなくマニキュアをはがす時に使用する除光液は必要な成分まではがしてしまうので使えば使うほど脆くなってしまいます。

脆くなると割れやすくなったり爪甲剥離症という病気になったりするので、健康面を考えるならナチュラルメイクにしたほうが良いでしょう。