妊娠腰痛解消法.com » 特徴や副作用と費用

特徴や副作用と費用

上半身に起こる病気に効くとされている基本的なブロック注射には星状神経節ブロック注射というものがあります。これは、器官の左右にある、星の形のような神経の塊をブロックするという方法です。

この星状神経節というものは、頭や顔面、肩などの上半身の交感神経の中枢になっていて、肩こりや頭痛に長い間さらされていると、持続的に交感神経が興奮状態になってしまいます。

そのようなことが長く続いてしまうと、いつの間にか痛みに敏感になってしまって、血の巡りが悪くなってしまいます。そこで、この部分にブロック注射を行い、興奮状態を抑えることで、上半身全体の血流を改善していくのです。この効果によってブロック注射で痛みを和らげることが可能です。

この星状神経節ブロック注射に適応している病気は、頭痛や五十肩、むちうち後遺症、肩こり、レイノー病などがあり、頭の中の痛みから上半身の痛みといったようにブロック注射は全般的に対応することができる治療法となっています。

しかし、この星状神経節ブロック注射にも副作用があります。それは出血や気胸、感染という可能性があるということです。

専門医がきちんと治療を行いさえすれば、ブロック注射で出血や気胸が起こってしまう確率はとても少なくすることができます。ただ、血をさらさらにする効果がある薬である抗凝固剤を飲んでいる場合には医師にきちんとその旨を話す必要があります。

なぜかというと、この薬を飲んでしまっていると、血が止まりにくくなってしまい、血の塊ができてしまったり、出血が起こる可能性があるからです。ブロック注射を受ける際には十分に気をつけましょう。

ここまで話を聞くと、治療を受けるには費用がどれだけ掛かるのかということが気になってきます。この治療は保険が適用できるので、初診料とブロック注射の料金で3割負担の場合には2000円ほどになっています。ただ、実際にはブロック注射の費用の他にも薬代やエックス線などの費用がかかるので、大体4000円以内になっています。

腰痛のブロック注射について