妊娠腰痛解消法.com » 妊婦について

妊婦について

女性が妊娠すると、ほとんどの方は、いかに腰痛に向き合うか、という問題を提示されます。特に妊娠中期から腰痛になるという方は多く、腹部が重くなってくるにつれて腰を反らせるような姿勢を常にとってしまって、腰痛がなかなか解消されなくなります。

その上骨盤などもゆるくなってきますので、なかなか解消する手立てがないという傾向が強くなってきます。腰痛がひどくなってくると出産にも影響します。また、悪化すると歩行もできないような状態になる場合も考えられます。

日頃から筋肉を鍛えるようにすることがベストな解決法ですが、妊娠後痛みが出たという時から始めるのには無理がありますので、程度によっては病院で腰痛を診てもらうことも大切になってきます。

妊娠中の腰痛の原因として、主に2つのことが考えられます。1つは妊娠によってホルモンの分泌が変化することです。

狭い骨盤を胎児が通過するために、骨盤の靭帯を緩ませて、胎児がスムーズに通ることができるようにするために作用するリラキシンというホルモンの分泌が盛んになり、骨盤や股関節などの関節が不安定な状態になって、腰痛につながりやすくなります。

このホルモンは妊娠の初期から分泌が始まるため、お腹が大きく見えない時期でも腰痛を起こすという妊婦さんも多いようです。

もう1つの原因は重心の変化、つまり胎児が成長するにつれて起こる現象です。お腹が大きくなるにつれて、重心のバランスが変化し、腰は反らせるようにリアクションします。

そして骨盤の傾斜の変化も伴って、腰痛が起こりやすくなります。足の付け根や臀部などにも痛みが起こる場合があります。妊婦さんの腰痛にはやはり妊娠の前から適度に体を動かしておくことが理想的な対策です。

筋肉に対する血行を高めて、疲労物質を溜めないこと、そして運動不足からくる筋力の低下に備えることが大切です。妊娠中の対策用の装具をするのも効果があります。マタニテイベルトなども多く販売されているようです。

椎間板ヘルニアでも安全に出産ができる治療法をご紹介