妊娠腰痛解消法.com » 歯周病の問題

歯周病の問題

歯の病気の1つである歯周病は、歯茎の肉が腫れてしまったり、また歯茎から出血することもある病気です。歯周の組織が歯の垢と言われるプラークによって蝕まれ、歯が抜ける場合もあります。

日本人はこの歯周病にかかる方が多く、知らないうちに歯周病にかかってしまっていたという方を含めると、成人以降では約80パーセントの方が歯周病を持っているといわれています。

このように歯周病は、初期段階ではほとんど自覚できる症状がありません。また虫歯だと思って歯医者に行ったところ、歯周病だったという方も多くいらっしゃいます。

歯周病の典型的な症状が、歯茎からの出血です。歯磨きをした場合、歯ブラシに血が付くことがある、またリンゴやせんべいなどをかじった場合にそれらの食べ物に血が付いてしまう、という場合は要注意です。

歯茎には毛細血管と呼ばれる細い結果が通っています。歯肉が炎症を起こして、炎症部分が噛まれると、強い力がかかってしまい、炎症部分が出血を起こします。

健康な歯茎の方は、正常なブラッシングで歯茎から血が出るということは考えられません。口臭がきつくなってきた、という場合も要注意です。

もちろんそのことだけでは歯周病とは断定できませんが、他に何の原因も考えられず、突然に口臭が出るようになった場合は可能性は低くはありません。歯周病の口臭は、歯周病菌とよばれる細菌が繁殖することで起こりますが、かなりキツい匂いとなります。

また口臭は自分では気付かないという方は多くいらっしゃいますので、定期的にチェックするようにすることも大切です。

その他、歯周病菌が唾液の中に含まれているとネバネバとしてきます。これは特に朝起きた時にネバネバとした感覚が強くなりますので、最近特に朝起きると歯磨きをしたくなる、など、ちょっとでも違和感があったら注意が必要です。

また歯茎が腫れたり、触ってみたり舌で判断した時に柔らかすぎるのではないか、という場合も典型的です。