妊娠腰痛解消法.com » 認識について

認識について

皆様、8020運動というのはご存知でしょうか? 80歳になったときに歯は20本以上残しておきましょうという運動です。

歯がなくなってしまえばものをおいしく食べることが難しくなってしまう。入れ歯を入れれば平気という方もいらっしゃるのかもしれませんが、無駄なひと手間を省けるのであれば悪いことではないでしょう。

また、きれいな歯というものは魅力的だと思います。ホワイトニングや歯石の除去をしている方もいます。長く使う物を大事にする。それは当り前のことです。

それにしても歯を大事にすることには目に見えるメリットがたくさんあるのです。しかし今すぐ目に見えて、感じて良くなることが少ないパーツがあります。

例えばそれは「足」。フットケアはメリットに気付かないことが多いのです。では先ほどの歯の話を足とフットケアに置き換えて考えてみましょう。

歩けなくなる、もしくは歩くのが難しくなる。歩くことが難しくなるということは当然走ることさえできないのです。

私は耐えられません。一人で歩いて公園を散歩して四季を感じようなんてことも難しくなるのです。日本いてそれは、私は寂しいと感じます。

また、女性の方はきれいな足でいたい、なりたいという気持ちを持っている方も多いと思います。そのような方々はちゃんとフットケアはしているのでしょうか。

している方もいるとは思いますが、私の知っている限りではスキンケアの延長の方が多いのです。足は確かに滅多なことが無いと動かなくなったりはしません。

しかし、靴のインソールを少し良いものに変えてあげる、整体に行って骨盤を整えてあげるだけで数十年後の生活をより良くできるのであればしない手はないと感じます。

不摂生の改善はもちろん重要ですが、体に+αのフットケアを少ししてあげるだけで+αの時間、健康な足との生活ができるのです。