妊娠腰痛解消法.com » 併発する障害

併発する障害

体の中でも重要な部分とされる首の組織である頚椎ですが、この箇所に発症する頚椎ヘルニアは様々な神経へと影響をもたらすため悪化すると体内機能に障害が生じることがあります。

頚椎ヘルニアで一番発症する可能性があるのは知覚神経に起こる知覚障害です。知覚神経に障害が起きることによって痛覚や触覚に影響を及ぼし、腕や足、指先などにも感覚麻痺や痺れの症状を発症します。

知覚障害は頚椎の中でもどの位置の髄核が脱出して神経を圧迫しているのかで症状が表れる体の部位が変わってきます。

握力が弱くなったり腕を上げる力が弱くなったように感じる場合、歩く時や走る時によろけたり足が突っ張った感覚が感じられる場合には運動障害が引き起こされている確立が高いとされています。

力が入らなくなったように感じるのは筋力低下であり、よろけたり突っ張ったり感じるのは主に運動麻痺の症状が表れているせいでしょう。

このようにいくつもの症状があり、頚椎ヘルニアが悪化すると、次第にこれらの症状が表れることがあります。指先などの動きが鈍くなったように感じ、ぎこちなく感じる時は巧緻運動障害の疑いがあります。

ボタンがかけにくい、箸が持ち辛い、字を上手く書けないと普段の生活の中で感じる場合は巧緻運動障害が表れているのかもしれません。これらは基本的に頚椎ヘルニアの病症が進み悪化した際に表れる症状であるとされています。

しかし、普段肩こりが酷いまたはよく寝違えた時のような痛みを感じる、と異変を感じながら頚椎ヘルニアの疑いを持たずに暮らしている場合には、何らかの異変が起こり始めていることに気づくことも少なくそのまま悪化していきます。

そうなると保存療法では完治に至らないと診断され、手術が必要になるほど進行しているケースもあります。

頚椎ヘルニアは治療することで治っていきますが、完治せずにそのまま軽度の後遺症として残ることもあります。