妊娠腰痛解消法.com » MRIでわかること

MRIでわかること

変形性膝関節症の画像検査では、レントゲンやMRIなどが主に用いられます。またレントゲン検査では、主に骨の形を見ることが目的となりますが、MRIでは画像を通して軟骨や半月板、靭帯や滑膜などの骨以外の部位の状態も観察することができます。

また骨の内部構造についてもレントゲンよりも詳しく見ることができますので、変形性膝関節症についての総合的な判断と確定診断のためには欠かせない方法であると言われます。

レントゲンは変形性膝関節症の診断には欠かせない方法です。骨の形状を細部まで見ることができ、また直接写らない骨に付随する軟骨や筋肉などの状態を推測するためにも使用されます。

しかし、レントゲンだけでは、骨以外の組織の情報を得ることができず変形性膝関節症の確定には少々不安が残ります。

その点、MRIは特に軟部組織の描写性にすぐれ、肩や膝などの靭帯、また全身にある神経などの柔らくて画像としずらい部分の撮影に効果的で、変形性膝関節症の名医になればなるほど、診断によく使用します。

この手法は日本語では核磁気共鳴画像法と呼ばれ、強力な磁場(ラジオ波)をかけ、撮影します。またCTのように放射線による被曝の危険性が無いため安全で、最近では閉所恐怖症の方でも撮影できるオープンタイプのものが主流になっています。

また、変形性膝関節症に関する専門的な知識がない患者が結果を見ても、どこが悪いのか、変形性膝関節症の状態はどうなっているのか、画像に相当する部位はどこなのかなど、判断することは難しいため、不安なことがあったら医師に詳しく説明してもらったり、質問をしなければなりません。

その他にも欠点もあることを知っておく必要があります。身体の中に金属でできた人工物を埋め込んでいる場合、例えばペースメーカーや脳動脈クリップ、人工内耳などで機能を補完している場合は、素材にもよりますが、MRI検査ができない場合が多くあります。

また検査をしている間、工事現場の近くにいるような大きな音が出ますが、撮影中は驚かずにできるだけ静かに、動かないようにしなければなりません。耳栓などを用意している病院が多くあります。