妊娠腰痛解消法.com » 発症と治療

すべり症・分離症

発症と治療

腰痛をもたらす病気として、腰椎すべり症というものがあります。このすべり症は腰椎の部分において慢性的な歪みが生じてしまっている状態を指します。

骨と骨が連なっている中片方の腰椎が前の方向にずれる、つまりすべってしまいます。

このすべり症の原因として多いのが老化により靭帯や筋肉が弱ってしまうことが挙げられます。この衰えにより脊椎を真っ直ぐ保つことが出来なくなるのです。なので主に中高年に多いです。

このすべり症の症状としては主に腰痛がありますが、問題なのは特に激しい腰痛に襲われるという場合が少ないので多くの場合は自覚があっても疲れや一時的なものだと考えられてしまうことです。

このことにより適切な処置がされなかったことにより慢性的な症状となってしまうケースが沢山あります。しかし、その後時間が経過してすべり症を疑い始めたころには悪化してしまっているということがあるのです。

すべり症が悪化すると脊柱がずれてしまっているわけですからその中を通っている神経が圧迫されてしまい、痛みを生じることがあります。

また、足の親指に力が入らないといったことや、少し歩くと痛みやしびれで辛くなる、しゃがんだり腰を丸めると楽になるという状態になってしまうこともあります。

これらの症状を引き起こすすべり症には基本的に保存療法が適用されます。消炎鎮痛剤や筋弛緩剤を使用した薬物療法や、温熱治療や電気治療を行って痛みを軽減する理学療法、また装具療法としてコルセットを用いて痛みの緩和・防止することも多いです。

もし仕事などで安静にすることが難しく、出来るだけ痛みを減らしたい場合には神経ブロック注射を使用することもあります。

他にもリハビリなどを行う運動療法もありますが、以上における治療で効果が望めなければ最終的に手術となるケースも存在します。