妊娠腰痛解消法.com » 頚椎ヘルニアについて

頚椎ヘルニアについて

頚椎ヘルニアとは頚椎、つまり首に発症する病気です。頚椎は、体の中心部をとおる骨で、胴と頭を繋いでいる7つの骨で構成されています。この部分がなんらかの原因でヘルニアを持つのが頚椎ヘルニアです。

第一頚骨を除き、格骨には椎間板が間に挟まった格好になっています。椎間板は、頚骨の間で衝撃から守るためのクッションの役割を担う柔らかい骨です。

またヘルニアとは、体の一部が正常な位置から離脱、あるいは飛び出し、してしまった状態を言います。つまり椎間板に亀裂などが生じて、中身が飛び出してしまうのが、頚椎ヘルニアです。

頚椎ヘルニアでどのような症状がでるのか、まずは頚椎にある手足に通った神経が、ヘルニアによって圧迫されることによって、主に肩凝りや首の痛みが現れます。また神経自体が脊髄で圧迫されているか、あるいは神経根で圧迫されているのかによって、症状は多岐に渡ります。

脊髄の圧迫症状の場合は、主に手が痺れてきます。指先にも力が入らず、そのままでは日常生活にも支障をきたします。また足にも同様にしびれや歩行障害なども現れると、足が硬くなったりこわばったりして歩行にも障害が現れてしまいます。

神経根の圧迫症状の場合は、首の裏側の筋が重く痛んだり、反るような動作をするとより激しく痛む場合がほとんどです。

首の痛みや手足のしびれがちょっとでもある場合、早めに整形外科を受診し、相談することが大切です。早期発見をして治療をすれば、頚椎ヘルニアは完治できますが、ある程度まで進行してしまうと、保存療法ではなかなか完治できません。

またストレッチなどの情報を得て自己流で治そうとする方も多くなっていますが、知識が乏しいというケースも多く見られます。頚椎は人体の中でも特に重要な部位です。悪化を防ぐためには、かならず病院を受診するように心がけなければなりません。

例えば、軽い寝違いを繰りかえしたために後に発症したり、枕の形状の悪さから首が異常になって発症するケースもありますので、日常的な細かい処置も予防のために大切です。