妊娠腰痛解消法.com » リノベーション物件

リノベーション物件

既存の物件の価値を将来に向けて高めていく、というリノベーションは社会の中でどのような役割を担っているのでしょうか?

リノベーションって何? と言う方はまずは、「リノベーション費用を匿名無料で比較検討できる~リノベーション費用見積比較ナビ~全国対応~」のようなサイトでリノベーションに関する情報を仕入れてみてください。

リノベーションという言葉が流行する前にも、中古物件を購入して好きな形にリフォームする方はいらっしゃいましたが、専門の知識がある方や、個人の趣味でどうしても住まいにこだわりたかった、という方ばかりでした。

そういった方を除いては、新築に興味があるが、なかなか理想の物件は無い、とおっしゃる方が多かったようですので、やはりなぜ急にリノベーションというものが広がりだしたのか気になります。

日本という国は住居やその他の建築物に投資することが外国に比べて多いと言われています。そして日本には新築を信仰するような土台がどんどん根を張っていったようです。

新築物件の価値ばかり追いかけ、まだ使用できるような物件も早めに解体しては新築にする、というようなことが多かったのですが、住生活基本法という法律が施行され、良質な住宅ストックの形成、という目標が掲げられました。

この法律にもとづく住生活基本計画という全国計画では既存住宅の流通シェアが平成18年の13%から平成27年23%へ、そして住宅の利活用期間を平成15年の約30年から平成27年の約40年、という具体的な数値目標が設定されています。

このような時代背景にはやはりインフラとしての中古住宅が増えていること、景気の低迷で新築物件がなかなか建築できないこと、などさまざまなようですが、この法律の影響もあり、リノベーションが具体化していったのだと思われます。

中古物件はいい立地にあることが多く、新興住宅地などの訪れたこともないような場所の新築に住むよりも、お洒落で有名な街の中古物件をリノベーションしたほうがいいでしょう、という方は多いようですが、このような価値観を導いたのはやはり時代の流れによるものが大きいようです。