妊娠腰痛解消法.com » 外壁塗装とコロニアル屋根

外壁塗装とコロニアル屋根

屋根は外壁と比べて、より厳しい環境にあると言えます。その角度から、強い酸性の雨が直接当たり、またコロニアルの場合は傾斜が平らに近いものがほとんどですので、紫外線も長時間浴びることになります。

特に夏になると、その表面の温度はかなり上昇し、人間であれば2時間もいたら日射病で倒れてしまいます。

このため、外壁塗装以上によくケアをするべき場所です。外壁塗装もそうですが、塗りなおす場合はできるだけ長持ちさせることができるようにお願いすべきです。

コロニアルには、コケや藻などが、よく発生します。初めのうちはあまり目立ちませんが、10年も経つとかなり目立つようになりかなり影響します。

また、雨水が染み込み、蒸発することを繰り返すと、そのうち歩くだけでも割れてしまったり、自然に反り返ってしまうこともありますので、できるだけ早く塗装をしなおすことが必要です。

築10年以上経つと、北側斜面にある場合は、コケなどがかなり蓄積しているのがわかります。また南側斜面の場合は、特に塗装のはげが目立ち、風化したような感じも強くします。

コロニアルは、現在では最も普及している、薄型の建築材を言いますが、スレートとも呼ばれ、セメントを板状にし、塗装を施してから出荷されます。

塗装前には、必ず高圧の洗浄機でしっかりとコケを落とさなければなりません。外壁よりも条件が悪いため、保護する際には外壁塗装の場合よりもグレードの高い塗料を使うのが一般的です。

例えば、シリコンより耐久性が良いフッ素系塗料などにグレードアップしたり、遮熱成分が付加されてある遮熱塗料などもお勧めです。

シリコン系塗料で10年おきぐらいに塗り替えるのが理想ですが、予算にもっと余裕がある場合はフッ素系のあまり売ってないものを使用すると安心感もかなりアップします。

また外壁塗装する際に一緒に行うことで、足場費用を削減することができますので、できるだけ外壁塗装とタイミングを揃えるようにするのもいいアイデイアです。