妊娠腰痛解消法.com » 女性と血行

女性と血行

冷え性の女性は大変多いです。手足がなかなか暖まらなくていつも冷たいと訴える人や腰やお腹の周りが冷えてしまうなど色々です。これは血液の流れの悪さが関係しています。体温が36度以下になると人間の代謝は落ちて行きます。

代謝が落ちることにより体の中にある臓器の代謝も落ちてしまいます。女性は子供を産むのに必要な子宮や卵巣を臓器の中に持っています。これらの機能も停滞してしまうのです。女性は腰やお腹などの血行を良くする事を意識して下さい。

女性は男性よりも筋肉の量が少ないのです。しかし会社やお店などでエアコンを使用している時は男性がスーツを着てちょうど良いと思えるくらいの温度で設定してある事が多いです。

ですから、女性にとっては気温が低すぎて身体が冷えてしまい血液の流れが悪くなるのです。特に腰やお腹の辺りに子宮や卵巣と言う男性にはない臓器を持っています。臓器が密集している事によりさらに血流が悪くなてしまうのです。

なるべく血液の流れを良くして体を冷やさない為の対策を行いましょう。まず朝食をしっかり摂るという事から始めましょう。朝食を取らないと体は目覚めません。血糖値も低いままなのでなかなか体が温まりません。

身体が冷えたままだと血液の流れも悪くなりますし、仕事もはかどりません。少しでもいいので朝食を食べる習慣をつけましょう。それから手軽にできる対策として会社に膝かけを一枚常備しておくとよいでしょう。

会社に置いておけば冷えそうな時に腰回りや膝にかけるだけで冷たい空気から体を守る事が出来ます。外出の時にはストールなどを利用するといいでしょう。季節によって材質も色々ありますし、色やデザインなども豊富でファッションのワンポイントにもなります。

これで首や胸元を冷えから守る事が出来ます。大判のストールでしたら膝や肩に掛けたりという使い方も出来るので重宝します。またお風呂はシャワーで済ましている女性はしっかりお湯に浸かって入浴する事をお薦めします。

お湯に浸かって芯からじっくりと温めるのは血行を促進するのに大変効果的です。今は入浴剤も色々な種類が出ていますから、冷えてしまった体を温めて疲れを取りましょう。冷えやすい女性の体ですが血流がよくなる対策を心がけて身体を温めて健康に過ごしましょう。