妊娠腰痛解消法.com » 資格について

資格について

「カイロプラクティック」。あまり聞きなれない単語ですが、これはなにを意味するのでしょうか。

カイロプラクティックは、1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーによって確立された、代替医療のひとつです。WHO(世界保健機関)にも認可されていて、鍼灸(日本では鍼灸を扱う、はり師ときゅう師というものがある)などと同等の代替医療であると位置付けています。

安全で有用なカイロプラクティックの教育を目的とした、「カイロプラクティックの教育と安全性に関するWHOガイドライン」が2005年に発行されています。

さて、このカイロプラクティックですが、実は日本においてはまだ法制化されておらず、「カイロプラクティック(カイロプラクター)」に該当する資格は存在しません。言ってしまえば、そもそも法が全く絡んでいないため、誰でもカイロプラクティックの施術者を自称することが可能となっています。

また、日本以外の法制化国に留学して、きちんとした資格を取得することも可能ではありますし、その後日本に帰国してからカイロプラクターを名乗ることも、先に述べたとおり可能です。

しかし、日本国内で法制化が行われていないために特別な権限を持たないので、海外と比べて、行える施術に関して差が生じます。もちろん、外国でしっかりと技術を学んだ者や、あるいは別の方法で専門知識を得た者であれば、適切な施術が可能でしょうから、カイロプラクティックとしては問題はないのですが。

素人がカイロプラクターを名乗り、施術するようなことはあってはなりません。もし頚椎の疾患を扱ったときに、神経を傷つけるようなことになったら、取り返しがつきません。

このあたりは、法制化が行われていないために起きている問題であるため、日本国内での資格化を求める声も多いのですが、厚生労働省は現段階では資格化には消極的であるため、なかなか難しいものと思われます。