妊娠腰痛解消法.com » 腹帯の効果

腹帯の効果

日本では昔からの習わしとして妊娠5カ月目の戌の日に安産を願ってさらしの腹帯を巻くと言う御祝いがあります。着帯祝いとも呼ばれています。古くから伝わる習わしですが現在でも神社などで祈祷を行いお守りを貰う人は多いようです。

現在の皇室でもこれと同じ意味合いをもつ着帯の儀という儀式が行われています。犬はお産が軽く子沢山さんなので、それにあやかって暦の上で戌の日に祈願をするという訳です。腹帯を巻くのには実は理にかなった訳があります。お腹にさらしを巻く事でお腹を温める効果があります。

大きくなったお腹とおなかの赤ちゃんへの外部からの衝撃を防ぐ役目もあります。それから腰帯を巻くことで骨盤をキュッと締めるのにも役立っています。妊娠中はリラキシンというホルモンが分泌されて骨盤を支えている靭帯が緩みやすくなります。

出産年齢の高齢化に伴い年齢が高い妊婦さんは更に筋肉の衰えなどからさらに靭帯が緩みやすくなっています。そこにお腹の赤ちゃんとそれを守っているお母さんの体の重さがかかってます。

支えようとする為に腰に大きな負担がかかり腰痛になる妊婦さんが多いのです。お腹が前に迫り出してくるので背中を反るような姿勢になりやすいことも腰痛の原因になります。これを、腹帯を巻く事によって腰の痛みを軽減してくれるのです。

今では昔ながらのさらしの腹帯の他にマタニティガードルやマタニティコルセットなど進化した製品もたくさん出ています。簡単に装着できたり、洗濯などの取り扱いが楽になったりしています。

さらしは長いので自分一人で巻くのも慣れるまでは大変です。洗濯するにも長いので干すのにも時間がかかってしまいます。マタニティガードルやマタニティコルセットは着脱もマジックテープで調節が出来るタイプだったりゴムが入っていたりするので一人でも簡単に付ける事が出来ます。

中にはお腹を温めるのにカイロを入れられるようになっているポケットが付いている製品もあります。昔の人は今のように医学が発達していない時代から妊娠している時に腹帯を巻くと色々な効果がある事がわかっていたのでしょう。

良い効果がたくさんあるのですが、妊娠中は普段と体の状態が違うので苦しかったり、お腹が張ったりと変化がたくさんあります。

体調も変わりやすいので無理に腹帯をいなくてはいけないという事ではありません。産科のお医者さんなどに相談をしながら、腹帯を使用してお腹を守ったり痛みを軽減したりするのに役立てて下さい。

変形性膝関節症の名医をご紹介