[PR]


妊娠中の腰痛を解消法

女性にとって子供を産むという事は人生の中でも大きなイベントです。お腹の赤ちゃんを出産まで大事に守る為に心にも身体にも変化が表れます。赤ちゃんが大きくなるにつれてお母さんのお腹も大きくなっていきます。

妊娠の後期には腰の痛みを訴える妊婦さんが多くなります。10か月も妊娠期間がありますから、出来れば痛みを解消して過ごしたいものです。妊娠腰痛解消法.comでは妊娠している時に起きる腰痛を解消できる方法や、体操、その他にも健康や身体についてご紹介していきたいと思います。

妊娠している人は誰もが腰が痛くなる訳ではありません。腰が痛くなりやすい人、なりいくい人がいます。その違いはどこにあるのでしょう。妊婦の腰の痛みの原因ですがこれは一つだけではありません。いくつもの原因が考えられます。

妊娠をすると女性の体に起こる体重の増加、重心の変化や、ホルモン分泌の変化、お腹の赤ちゃんが大きくなる事で内臓を圧迫する事、冷えやストレスなどがあげられます。妊娠中の腰の痛みの解消法を覚えて快適なマタニティライフを送りましょう。

普段の動作一つとっても妊娠前と妊娠中とでは身体の重さや重心が違ってきますから気付かないうちに不安定な体勢で体重を支えているのです。立っているだけでも妊娠前と比べると重心の位置が違うのですから当然ですよね。

また、妊娠している時は腰周辺の骨や関節や筋肉に負担がかかります。負担がかかる事によって血流が悪くなってしまいます。これが腰の痛みの原因になります。血流を良くする事で腰痛を解消する事が出来ます。歩いたり立ったりしている時の姿勢を見直してみましょう。

お腹が出てくる事で重心が前に前の方に移っていきます。すると無意識にバランスを取ろうとして身体を反り気味にしてしまっています。これは背中や腰に負担がかかる姿勢です。お腹をひっこめるような気持ちで、背筋を伸ばした姿勢を意識してみましょう。

実際には当然、お腹は引っ込みませんが意識するだけでも腰の痛みの解消になります。それから中腰で物を拾ったりすると腰を痛める原因になります。必ず物を拾ったりしゃがんだ姿勢から経つ時などは一度腰を落としてから立ち上がるようにしましょう。

長時間の同じ姿勢も妊娠中の腰痛の原因になります。座りっぱなしで居るのも立ちっぱなしでいるのも、血流が悪くなります。見落としがちですが靴にも注意をしましょう。妊娠すると大抵の人は踵の低い靴を履くと思います。

しかし踵が低くても合っていない靴を履いていると腰痛の原因になります。人によっては2~3CMくらい踵の高さがあった方が妊娠中は重心が前に移動してしまうので歩きやすかったりします。

それからいくら踵の低い靴でも靴の底が薄すぎる靴を履いていると腰痛になります。自分に合った靴を選んだりインソール(中敷き)など利用しましょう。腰痛の解消法には適度な運動も大事になってきます。

現在ではスポーツジムなどでマタニティヨガ、マタニティスイミング、マタニティビクスなどのプログラムを行っているところもあります。また区などの行政機関などで母親教室を開いていて、妊娠中の腰痛を解消する体操なども教えています。

区役所の母親教室では妊婦さん同士の友達が出来たり、保健婦が様々な相談にも乗ってくれるので、活用しましょう。妊娠中のウォーキングも腰痛の解消法になります。ウォーキングは有酸素運動です。歩くことによって心肺機能が高まり血流が良くなります。

また、歩く事は足や腰の筋肉を鍛える事が出来ます。今では洋式の生活スタイルがほとんどで、食卓も椅子で食事をする事が多くなり、トイレも様式です。昔の日本人よりも骨盤周りなどの筋肉を使う事は少なくなりました。

その為に妊娠すると腰の痛みを訴える人が多くなったとも言われています。適度な運動をすると筋肉が鍛えられるだけではなく体力もつきます。出産時には陣痛がきて出産まで筋肉や体力が必要になります。

妊娠中の太り過ぎなども予防できるので適度な運動を心がけて行いましょう。しかし、無理は禁物です。普段と違い妊娠中の身体はデリケートです。体の調子やおなかの赤ちゃんに合わせて適度な運動を行う事が腰痛の解消法になります。

長いようで短い妊娠期間は身体が変わって不便だと感じる事も多いと思います。しかし出産後はこれまでとは違う忙しさになります。妊娠中はのんびりと焦らずにお腹の赤ちゃんとの時間を楽しんで下さい。


お薦めサイト情報

高血圧の治療でお困りの方はこちらのサイトがお勧めです。

頚椎ヘルニア119番はとてもお勧めのサイトです。

犬のしつけを考えているならこちらのサイトがお勧めです。

睡眠導入剤の個人輸入はこちらからできます。

腰椎分離症でお困りの方はこちらのサイトがお勧めです。

新着情報

 2016年11月14日:TOP
 2016年11月03日:発症と治療
 2016年10月01日:妊婦について